2013年12月
    1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
村上博之/MURAKAMI Hiroyuki
ココロのトビラ

1992年ソニー株式会社入社。映像セクター戦略企画を経て、コンピューティング戦略企画を担い、インターネットサービスプロバイダー「So-net」創業メンバー。ネットワークコンピューティングにより、人と人を、心と心を繋ぐ「PocketPostPet」等、様々なコンテンツをプロデュースする。その後、ソニーHQ ET事業準備室・ALE事業準備室・クリエイティブセンター・環境戦略研究所などを兼務し、新しい感動価値のインキュベーションを続け、ソニーで研究開発がスタートした次世代Personal Mobility「Winglet」の技術と理念をSONYからTOYOTAが引き継いだことを機に、ロボット技術・エレクトロ技術・モビリティー技術・IT技術を融合し、オンラインからオフラインへ、バーチャルからリアルへと、人の心を動かし、人の心を広げて、人を心で繋げる、新しいMoverとCommuterを、Human-wareとHeart-wareを創造すべく、トヨタ自動車株式会社へ移籍。現在、パートナーロボット部 主幹。





深呼吸

一呼吸
深呼吸

1秒
1分
1日
1月
1年

僕たちの生は
僕たちの息が

支えている。

僕が生まれ

40歳の年を
40万の時を
4億の息を

一年一年
一時一時
一息一息

刻んできた。

息を吸い
息を貯め
息を吐く

地球と生命は

炭素で構成され
炭素で循環する。

植物は

大気から
二酸化炭素を

太陽から
エネルギーを

取り込み

水を光分解し
酸素を大気に出し
二酸化炭素を炭水化物に変え

炭素を体に貯め
炭素で体を作る。

動物は

大気の酸素を
吸い

大地や海洋の
植物や動物を
食べ

炭素を

呼吸から
摂取から

体内に吸収し

グルコースや有機分子を
二酸化炭素と水に分解し
栄養とエネルギーを得て

体を作り
体を育み

大気に二酸化炭素を戻す。

生を終えた生物は

植物も
動物も

菌類
バクテリア
古細菌

らの微生物が分解し
炭素を二酸化炭素に変え
大気に戻し

生物と生命は

炭素となり大気に還り
炭素となり大地に還り

再び炭素は生命を循環する。

過去の生物の
炭素の亡骸は

地表に堆積し
地層を形成し

地中に固定され
地中に蓄積され

化石となり
石炭になり
石油となり

時を超え

人により
火により

燃やされ

文明のエネルギーになり
二酸化炭素として

長い時を経て
深い地を越え

個体から
気体へと

大地から
大気へと

還っていく。

アミノ酸

脂肪
タンパク質
核酸

地球の生物は
炭素を中心として構成され

地球の生命は
炭素の循環により維持される。

地球には

大気に
大地に
海洋に
生物に
化石に

41兆トンの

炭素が眠り
炭素が生き
炭素が巡る。

炭素は調和の元素。

原子価の4つの手が
多様な原子と手と手を結び

あらゆる
生を成し

あらゆる
生を廻る。

137億年の昔
宇宙が誕生し

124億年の昔
恒星が誕生し

恒星の融合から
炭素が生成され

生命の元素が誕生した。

太陽の

光も
熱も

融合のエネルギーから創られ

宇宙を旅して
地球に注いで

生命のエネルギーの源となる。

私たちは

調和し
結合し
融合し
循環する

宇宙の一部であり
地球の一部である。

生れ
育ち
死に
還る

息を吸う
息を吐く。

僕たちは

一呼吸
一呼吸

大気と繋がり
大地と繋がり
地球と繋がり
宇宙と繋がり

悠久の原始と
悠久の未来と

前世も
現生も
来生も

繋がっているのだ。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – -
life meter
私の時間、めぐる世界

http://jvsc.jst.go.jp/shiryo/lifemeter


カテゴリー: 未分類 |