2013年12月
    1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
村上博之/MURAKAMI Hiroyuki
ココロのトビラ

1992年ソニー株式会社入社。映像セクター戦略企画を経て、コンピューティング戦略企画を担い、インターネットサービスプロバイダー「So-net」創業メンバー。ネットワークコンピューティングにより、人と人を、心と心を繋ぐ「PocketPostPet」等、様々なコンテンツをプロデュースする。その後、ソニーHQ ET事業準備室・ALE事業準備室・クリエイティブセンター・環境戦略研究所などを兼務し、新しい感動価値のインキュベーションを続け、ソニーで研究開発がスタートした次世代Personal Mobility「Winglet」の技術と理念をSONYからTOYOTAが引き継いだことを機に、ロボット技術・エレクトロ技術・モビリティー技術・IT技術を融合し、オンラインからオフラインへ、バーチャルからリアルへと、人の心を動かし、人の心を広げて、人を心で繋げる、新しいMoverとCommuterを、Human-wareとHeart-wareを創造すべく、トヨタ自動車株式会社へ移籍。現在、パートナーロボット部 主幹。





茶の湯

中国の古来から
暮らしを立てる

七要素





醤油

お茶は

奈良時代に
遣唐使が
中国から日本へと紹介し

平安時代に

最澄が
唐から
比叡山の麓に茶を伝え

栄西が
宋から
京栂尾の地に茶を植え

宇治へ
静岡へ
各地へ

広がった。

武家の間に
薬として広まり

商人の間に
娯楽として広まり

書院の
広間の

贅沢で
華麗な

お茶会から

草庵の
小間の

簡素で
質素な

お茶会へと

霽れ(ハレ)の
非日常の
お茶会から

褻(ケ)の
日常の
一服一銭の
お茶へと

庶民の間に
広まった。

村田珠光が

お茶に
様式を加え
茶法とした
草庵茶

武野紹鴎が

質素な形と
誠意の心で

お茶で
お客を

おもてなしする

精神を加え
茶法とした
わび茶

千利休は

お茶を通じて

人と人の縁の
人と命の縁の

巡り合いと
触れ合いの

刹那と
輪廻を

愛で尊ぶ

一期一会と
侘び寂びの

思想を加え
茶法とした

利休七則

茶は服のよきように点て
 心をこめ

炭は湯の沸くように置き
 本質を見極め

花は野の花のように生け
 いのちを尊び

冬は暖かに夏は涼しく
 季節感をもち

刻限は早めに
 心にゆとりを

降らずとも雨の用意
 やわらかい心を

相客に心せよ
 たがいに尊重しあう

和敬清寂


 お互いに心を開いて仲良くすること

 尊敬の敬でお互いに敬いあうこと

 目に見える清らかさだけでなく、心も清らかであれ

 どんなときにも動じない心を

日本の国と
日本の人は

その

美意識
価値観

から

お茶を

生活に
文化に
芸術に
精神に
思想に

組込み
融合し
昇華し

茶庭
茶室
茶器
茶道
茶法

に至るまで

所作
立居
振舞
心構

に至るまで

茶に心を映し
茶に心を込め

茶に美を宿し
茶を美で彩り

心で茶を愛で
心で茶を頂き

人に茶を送り
人に心を送る

今日も

和の国の
和の人で

在れる
喜び

今日も

和の茶を
和の心を

頂ける
慶び

茶の湯の心

見渡せば 花も紅葉もなかりけり
浦のとまやの秋の夕暮れ

藤原 定家

春から夏へ
夏から秋へ
秋から冬へ

命は育ち
命は咲き
命は枯れ
命は眠り
命は生れ
命は巡る

結構な点前で

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - -
Photo
清課堂
錫器

天保九年江戸後期に錫師として京都二条に創業
神・仏教、茶の湯とともに育まれた燻銀の錫器
は独自の発展を遂げる。


カテゴリー: 未分類 |