2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
村上博之/MURAKAMI Hiroyuki
ココロのトビラ

1992年ソニー株式会社入社。映像セクター戦略企画を経て、コンピューティング戦略企画を担い、インターネットサービスプロバイダー「So-net」創業メンバー。ネットワークコンピューティングにより、人と人を、心と心を繋ぐ「PocketPostPet」等、様々なコンテンツをプロデュースする。その後、ソニーHQ ET事業準備室・ALE事業準備室・クリエイティブセンター・環境戦略研究所などを兼務し、新しい感動価値のインキュベーションを続け、ソニーで研究開発がスタートした次世代Personal Mobility「Winglet」の技術と理念をSONYからTOYOTAが引き継いだことを機に、ロボット技術・エレクトロ技術・モビリティー技術・IT技術を融合し、オンラインからオフラインへ、バーチャルからリアルへと、人の心を動かし、人の心を広げて、人を心で繋げる、新しいMoverとCommuterを、Human-wareとHeart-wareを創造すべく、トヨタ自動車株式会社へ移籍。現在、パートナーロボット部 主幹。





手と刀

居合道の精神
 
居合とは
人に斬られず
人を斬らず 
己を責めて
平らかの道
 
居合とは抜刀
 
刀を鞘に収め
敵の機を制す
 
戦わずして全てを治めて
森羅万象の全てに応じる

和の極の意。

合気道の精神

合気とは

内と外と
己と他と
気と気を通じ

自然と一体になり
天地と調和すること

和の人は
和の志は
和の士は

間を取り
間を掴み
間を知る

間合いが取れなくば
間抜けに成りさがる。

人間とは人の間
人気とは人の気

己を知り
他を尊び

己と他の
 
間を合わせ
気を合わす。

日本人は

人の前を通る時
人の間に入る時

手刀を切る。

手刀は

掌を開き見せ

己の和の心を表し
己の通る道を示す。

日本は八百万の神の国
 
生きとし生ける全てに
神と魂と心が平に宿り

輪と
和と
環で
 
つながる
平の和の神の心。

神は国に非ず
神は命に宿り
神は民に寄る。

我々は

右手に
左手に

鉾を持たず
盾を持たず

刀を鞘に収め
刀を脇に差し

掌を平に開き
心を平に開き
 
和を持ち尊び
 
間を取りて
気を合わし

相手が

好意でなく
悪意をもち
 
良気でなく
邪気をもち

刃が届く
己の間に
入るなら
 
居合にて
抜刀する。

国の間の
 
領土と
領海と
領空に
 
侵犯する
侵入する
侵攻する

いかなる

武器や兵器や
攻撃や破壊の
機能や意志を
 
保持する
搭載する
装着する
運搬する
一体なる

軍艦
戦闘機
潜水艦
ミサイル
その他も

居合と抜刀で
防衛と迎撃を
 
すればよい。

どこにいこうが
どこにいようが

領土と
領空と
領海の

間を犯すなら

日本に向かいくる兵器も
日本を超えていく兵器も
海洋へ落ちていく兵器も
友軍を狙っている兵器も

潜在であろうが
顕在であろうが

一刀
一閃

これを排すればよい。

国も
人も
 
生きるとは

内と外の
己と他の

間を成す事

地球は
自然も
社会も
生態は
連鎖し

命を与えもし
命を奪いもす

故に

人に
国に
命に
 
性善もなく
性悪もない。

科学技術は

ビットの世界も
アトムの世界も

遠い世界を
広い世界を

近い世界に
狭い世界に

接続し
 
世界に境はなく
世界は隣である

己の刀の届かない
遠き間の外に出て

外に
他に

怯えて
縮んで
構えて
敵とし

刀を持ち
刀を抜き
刀を振る

集団的自衛は

間抜けであり
腑抜けであり

個別的自衛は

間合いであり
居合いである。
 
儒教の思想

修身斉家治国平天下
 
良き国は
良き村から

良き村は
良き家から

良き家は
良き人から

全ては人から始まり
 
人の個が
村の集となり

村の集が
国の集となる

宇宙と
地球と
生命も

個々の原子や分子の集合

強き生態と
強き生命は

自律して
分散して
協調して
関係して
連鎖して
連動する

集合体。

21世紀から
22世紀へと

社会と
文明は

中央集権分配から
自律協調分散へと

メタモルフォーゼし

自ら律す

強き個が
強き家が
強き村が
強き国と

なりゆく

国家安全保障と
国家成長戦略を

考えれば

生命の科学と
生命の資本で

平時の
国の力の
源泉であり

有事の
国の命の
兵糧となる

情報と
資源と
食料と
エネルギーの

多様性と
自律性と
循環性を

高めゆき

オフラインでも
オンラインでも

オフグリッドでも
オングリッドでも

オフアクセスでも
オンアクセスでも

自律し
強靭な

家と家の
家と村の
村と村の
村と国の

コミュニティが
ネットワークで

協調分散連動で
繋がっていれば

稚拙な科学と
愚鈍な政治が

放射能を
無効にすることもできない

核機能を
停止をすることもできない

集積型で
分配型で

産業や
技術や

サプライチェーンや
エコシステムの

裾野や
領域の

狭く
浅く
旧い

原子力発電所が

日常に起りうる
普通に成しえる

地震で
噴火で
津波で
テロで
兵器で

破壊され

メルトダウンや
メルトスルーで

地域機能や
国家機能や
生命機能が

止まることもない。

アメリカが
極東アジアにおいて

対ロシア
対中国

で堅持したい
プレゼンスの

Needs
Wants

合理であり
普遍であり

日本の
ガバナンスの
アーキテクチャが
変わろうとも

なくならない。

欧米列強国の
植民地支配の
侵略に対して

露国に抗して
清国に抗して
米国に抗して

大東亜共栄圏を掲げ

理念は良くも
覇権に狂って
手段を誤って

EUのように
なれずとも

結果として
欧米列強を
アジアから
追い出した

日本を
恐れているのは

アングロサクソンと
パックスアメリカで

駐留と
駐屯は

日本への楔である。

戦後レジームからの
脱却を目指すのなら

日本は

第二次世界大戦の
戦勝国による
国際連合の
国連憲章の
敵国条項から
日本の尊厳を完全に回復し

第二次世界大戦の
戦勝国である
アメリカとの
地位協定で

今だ
占領下のように
欠ける

制空権
制海権
制土権

を完全に回復し

合気と
居合の

己の間を守る
刀を鞘に差し

利を共にする

米国
ASEAN周辺国と

襷を繋げて

領土の
領海の
領空の
 
近海と
近土と
近空に
近接し

在する
米軍と
友軍の
夫々が

固有の
個別の

己の間の内を守り
間と間をつなげる

Seamless
Self Defenseの

Connected
Self Defenseの

アライアンスの
ネットワークを

接続と構築すればよい。
 
洋の剣は
諸刃の剣

第一次世界大戦から
第二次世界大戦へと

イギリスが
アメリカと

中東の弧に

イスラムと
キリストの

間に植えた火の種は

軍事利権の為
資源利権の為
 
国連憲章に違反して
破壊兵器を捏造して
 
アフガン戦争と
イラク戦争で
 
ISIS/ISILという
 
国家を超越し
国境を超越し
民族を超越し

価値観の
共同体で

ソーシャルテクノロジーと
ソーシャルネットワークで

個から
集へと
繋がり

世界中に

拡散して
連動する

新時代と
新世紀の

国対国の戦争でもなく
国対個のテロでもない

憎悪と
殺戮の

新しい
ディメンションの
災いの

火に油を注いで
火の粉を撒いて

世界の安全を後退させ
世界の不安を増幅した。

我々は

刀を鞘に収め
鞘を脇に差し

間合いを取り
居合いを秘め

手を開き
心を開き

和を尊び
輪を成す

世界に尊敬される
世界に共感される

日本国と
日本人を

取り戻さなければならない。

文化とは
耕す心の
Cultivation

文明とは
耕す鍬の
Civilization

我々は

己の国の海を超えて
他の国の土を踏む時

刀を鞘に治め
刀を脇に差し
鍬を手に持ち

憎悪と対立の
紛争と戦争の

原因であり
構造である

貧困
飢餓
難民
搾取
破壊
教育
医療
情報

の格差をなくしていく

幸福と
笑顔の

種を植え
富を耕す

人道の行いをなすことと
大義の行いをなすことが

積極的
能動的
創造的

平和主義なのである。
 
真の文明は
山を荒らさず
川を荒らさず
村を破らず
人を殺さざるべし


カテゴリー: 未分類 |